読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像の小部屋

なんか色々まとめたり書いたり。

石水杏の恋文

 

貴方への想いはしんしんと降り積もり、夜に白く輝いて、そっと溶かされるのを待っています。朝の日差し、麗らかな春を告げる太陽。そうやって土が顔を出した時、きっと私は歩き出せます。

貴方に手を取られ、サクサクと踏みしめる荒れた土を、これから共にふわふわの花畑にしてください。貴方と隣合わせで顔の映らない濁った泉を、どうか鏡とするまで澄ませてください。

どれも、貴方とでなければ嫌なんです。

ひとりぼっちでは、できないんです。

貴方の優しい声が好き。

貴方の柔らかな笑みが好き。

 

しんしんとまだ降り積もる想いの泡を、どうかそのまま凍らせないで。

夜はまだ長いから焦らないでください。

「秋慈さん。」

たくさん名前を呼ばせてください。

もっと貴方を教えてください。

そして、どうか知ってください。

 

貴方に愛してもらいたいから。