読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像の小部屋

なんか色々まとめたり書いたり。

無題

兎上由紀とは、頭のいい人間である。

勉学に励むのも勿論だが、頭の回転が早く決断力がある、戦場で有利な頭の良さの持ち主である。

 

「そこが、あの人を思い出させて嫌いなんです。」

 

いかにも非情を思わせる利己的な言動や、他人を見下す視線は、その奥底から美しく輝き、曇らないことを数少ない人が、しかし確かに知っている。

 

「そんなところが、面白くて好きなんだよお」

 

自らの思想、目標を高く掲げ、空気を震わせる凛とした声が天まで届くこと。そしてその言葉に魂を宿し、決して雨に負けないことなどいかにも彼を構築する特徴である。

 

「…どうして、あなたばっかりそんなにも。」

 

鋼というにはあまりに豊かで、まっすぐに澄んだ心が彼には備わり、数多の兵の命を救い、また殺してきた。懇願せず、縋らず、しかしひとりに酔わず。

人間の心というには、純粋に強いそれ。

 

「期待してるんだよお、君の解答に。その意見に。」

 

兎上由紀という学生兵が居た。

 

「「だから、お願い」」

 

 

「ふん、馬鹿馬鹿しい。

僕は僕だ。貴様は貴様だろう。」

「だから僕は信じている。当然のことだ。」

 

「生きると良い。努力すれば見つかるだろう。」

 

「愚か者め。」