読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像の小部屋

なんか色々まとめたり書いたり。

八島美春という人間

振り上げられた見覚えのある大きな鎌。

白い制服を真っ赤に染めて地面に倒れている旧友。

真っ黒な髪に、真っ黒な制服の、まるで、それは悪魔のような

 

「隊長!?!」

静止の声が遠くに聞こえた気がした。それよりも先に地面を蹴ってしまった俺の判断は誰がどう考えても、もちろん俺が考えても馬鹿な判断だった。

「待てよ、殺すな!!!」

長刀は届かない。唯一届いたのは俺の左手と…

「……はっ、馬鹿じゃん。天才サマよぉ。」

彼の 嘲笑だった。

 

「…悪いね。今、空いてる手はあるかな?」

救護班の女子生徒が数人悲鳴をあげた。他の数人は男女問わず俺の顔を見てざわざわ、ひそひそと会話を始める。

正直イライラしていた。ここは戦場だ、誰がいつどんな怪我をしてこようがおかしいわけがない。何を動揺しているのだ。生ぬるい覚悟でここに居るとでもいうのだろうか。ましてやここは本部なんかではない。戦場に配置された、臨時の拠点だ。

「…ああ、治療が必要なのは俺だけだよ。…こっちは死体だ。途中までは息があったんだけどね。」

にこりと笑って見せたが悲鳴をあげた女子生徒たちはさらに怯えてしまった。

こっちは痛くて泣き叫びたいのを我慢しているというのに、なんという待遇だ。

運んできた彼を地面におろして寝かせてやっている間も、人が雑然と作業しているはずのこの場所にふさわしくないほど、俺の周囲の空間は空いていた。

「さあ、悪いけど最後に大仕事をしてもらおう。俺の利き腕なんだ、よろしくね。」

そう言って治療準備をしている生徒に笑って近寄るとひっ、と悲鳴をあげて一歩下がられてしまった。どうやらやはり、俺では彼のようにいつでも笑ったところで安心させられないようだ。

利き腕…左腕の肉が削げてしまい骨すら見えそうな状態であった俺をようやく治療するために人が近寄ってきてくれた頃には、拠点内の救護班も治療を受けていた表部隊の人間も誰もが俺の名を口にしていた。

 

あの八島美春が あれが あの天才八島美春が大怪我をして帰ってきた。

 

…さすがに、彼らに笑い返す余裕はなかった。

あの鎌、黒い彼が毒薬を塗りこんでいたらしい。意識が飛びそうなのをどうにか捕まえていた。

救護班の人たちの声が遠くに聞こえる。どうやら俺を担当するのは1年生らしい。

何やら先輩の指示を聞いて動揺して怒られている。

…なんでもいいから早くしてほしい。いくら天才だなんて勝手に言われていても、俺は痛覚を持ち合わせた人間なのだ。

 

「……ッ、あ、!?」

ひどい痛みで意識を取り戻した。鎌が腕に入った時よりも圧倒的に鈍い痛み。

見てみれば女の子が刀を俺の左腕に振り下ろしていた。

「ごめ、ごめんなさ、わた、私…ッで、でも、毒が、もう、腕…ッ先輩が、」

泣きながら震えながら、彼女は刀を俺の腕にこすりつける。俺の血が彼女に降りかかる。男子生徒や女子生徒が俺の体をあちこち押さえつけて暴れださないようにしていた。

「ごめんなさ、ごめんなさいッ、私、私悪くないんだから…ッ恨まないで!!」

武器を使い慣れてないことがよくわかる、この女馬鹿なんじゃないか。刀はのこぎりとは違う、いったい何を学校で学んでいるんだ。

痛い、痛い痛い、痛い

「…ッ、ぁ、…だ、いじょうぶ…ね、?」

そう彼女に笑いかけた瞬間に俺の体を押さえつけていた手がいくつも離れた。

いい加減にしてほしい。いくら俺でも抑制がなければ痛みに耐えきれず暴れてしまうかもしれないじゃないか。

必死に悲鳴をあげないように耐える俺の耳に届いた彼女の言葉に至っては

「ひ、……きもちわるい…ッ!」

…まるで、化け物扱いを受けている気分だった。

人の腕が切り落とされようとしているというのに、この拠点は異様に静かだった。

 

ああ、痛い、 痛い痛い痛い。骨に、神経に、筋肉に、刃が。

どれだけめちゃくちゃにすれば気が済む、いつになれば切り落とせるんだ、

痛い痛い痛いいい痛い 痛い 血が 死んでしまう このままでは

 

いけない 彼女を怖がらせては。

 

 

 

目が覚めた時には清潔なベッドから白い天井を見上げていた。傍らの赤い輸血パックが妙に目立っていた。

見舞いの人間はいない。

「………はっ」

思わず笑いが漏れた。

こうなっては仕方ない。意外と簡単に諦めはつくものだ。当たり前だ。

 

…俺は、あの子と違って生きている。