想像の小部屋

なんか色々まとめたり書いたり。

女の子はいいぞ

真「悠」

実「オチにされるのに飽きられてきたからって出オチにもってきやがったか」

夢兎「頼むから女子でお願い 1回くらいまともに選ぼ?」

真「…?」

風兎「本気でわからなさそうな顔やめて」

小太郎「おとなしい子の方が好みそうだけどお 恋人は悠くんでしょお?年上タイプが好きなのかなあ」

美春「烈とかは?ちょっときつい?」

菊哉「女になったら好みくらい変わるだろ 御法とか言うやつどうなんだよ大人しそうだし胸でかいし」

夢兎「ちょっと御法ちゃんのことやらしい目で見るのやめてくれる!?!?」

美春「夢兎も好きでしょ巨乳」

夢兎「好きだけど!!そうじゃないいや何言わせんの!!!」

由紀「で?結局貴様は誰を選ぶんだ」

真「ええ………ううん………東雲さん、かな」

実「あっえっまじで!? 織部先輩だと思ってたわ」

真「織部先輩…も…お姉ちゃんみたいですき」

菊哉「恋愛対象外ってことか?」

真「…?そんなこと言ってない…」

菊哉「は??」

小太郎「はいはい怒らないでねえ 狙ってるんじゃないんだからあ」

菊哉「うるせえオカマ??」

小太郎「なーーんだ死にたかったなら早く言ってくれればよかったのにい」

実「あーーー小太郎は??好みの!」

小太郎「ええ? うーんそうだねえ 伊波ちゃんとか好みだけどお 薫子ちゃんも悪くないねえ」

由紀「貴様女性に少しでも興味があったのか…」

小太郎「まあねえ ちょっと遺憾だけど見逃してあげるぅ」

風兎「伊波選ぶとか趣味悪いよきみ……()顔は可愛いけどさ」

美春「じゃあ君は?」

風兎「えっ…ううん、要か御法さんかなあ…」

夢兎「あっ俺も御法ちゃん!!かわいい!!」

実「兄弟ってそういうとこも似るのな」

風兎「ええ 違うと思うけど」

夢兎「御法ちゃんに甘やかされたい はい!君は?」

由紀「貴様気持ち悪いぞ…………僕は唯亜だ。」

小太郎「坊ちゃんはやっぱりお嬢様選ぶんだねえ」

由紀「そういう理由ではない?」

実「唯亜さん美人だからわかるけどなw まあ俺は茉秋さんかまほちゃんかなー 女の子っぽいし」

美春「俺克牙ちゃんか千春ちゃんかな 甘やかしたいね」

風兎「そうなの!?君の好みわかんない…」

夢兎「あれ、結局君愛弓ちゃん?なの?」

菊哉「は?ちが」

実「うんうん最愛の彼女だからな 織部先輩だってよ」

菊哉「??」