読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像の小部屋

なんか色々まとめたり書いたり。

神殺し

「他人の目なんて気にならないんでしょう。そうじゃなきゃあんなに自分勝手に言いませんよ。」

「前から思ってたけど、彼そんなに自分勝手なのお?他人には無関心に見えるけどねえ。」

「ええ!あれのどこを見てそんなことを。他人の行動には口出ししますし、その価値基準は自分独特のもの!世間一般とか、相手の価値観んて配慮しないあの口振り!信じられませんね。」

「ふうん?それにしても彼ひとりぼっちだよねえ。寂しくないのかなあ」

「彼にそんな感情存在してるんですかね…自分ひとり居れば満足なのでは?」

「それもそうだねえ」

 

「違うんじゃないか?」

「「え?」」

 

「そんなふうに見えるように、俺達が仕上げてしまったんじゃないか?」

 

「俺達は"自分"を持っていないから、人形みたいに世間に流されて踊るしかない。

それをあいつは"可哀想"だと思ってるんだろうな。

あいつは紛れもなく、人間離れした神だ。だから人間を救おうとする。」

「…神。」

「救う?」

「事実、あいつが立ち止まって、座り込んで泣き出してしまったらどうなる?俺達は導けるか?無理だろ。

だけど逆の立場ならあいつはそれができるんだ。

だから俺達がいつ倒れてもいいように、座り込んだことを隠さなくていいように前を向いてる。」

「……考えすぎでしょう?」

「いや。」

「そんなにあの子が他人の為を思ってるとは思えないけどねえ。」

「いいや。」

「どうしてそんなに肩を持つんです?」

「…。」

 

「俺がなあ、あいつのこと、嫌いになっちゃったからだよ。」