読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想像の小部屋

なんか色々まとめたり書いたり。

対等な関係についてその考察

この世界はこんなにも広いというのに、人間はそのごく一部にしか触れることが出来ていない。

法と規律が真実に触れるなと警告し、詮索するなとシャッターを下ろす。

愚かな人間の目が研究者の純粋な心を殺し、愚かな研究者の孤独感がその才能を幽閉する。

 

「こんな悲しいことがあるでしょうか!」

 

私はこの世界が不思議でたまらなく、この社会が非常にもどかしい。

なぜ、こんなにも人間とは不自由で効率が悪いのか。なぜこのような人間が、今この地球を蝕んでいるのか。

どうしてもっと輝けるはずの人類は、自ら歩みを止めてしまうのか。

理由は明白、人間の恐怖心である。

 

「私は知りたいのです!」

 

故に私は、自分と世界と研究材料だけで生きていくと決めた。

それだけで十分だ。世界に謎は溢れ、研究材料に未知は詰まっている。

共有など無価値。知られれば知られるほど、間違いなく私に恐怖心を植え付けていくのだから。

 

「…私を否定する気ですか。ヒースくん。」

 

知ってそれでなお、私を遠ざけるのではなく、指摘するのですか。

変わった人。

でも待っていたのです。そういう人を。

 

「ありえませんね!」

 

私だって人の子ですから。